いよいよ本日から開成中等教育学校願書送付開始

開成中受験される方々、いよいよですね。
本日から願書の受付開始です。

一年前、深々と礼をしてから札幌中央郵便局に入り願書を送付した事を思い出しました。
緊張しますよね。。。親が。。。
必要書類も何度も確認し、出願理由等説明書もギリギリまで何度も書き直していました。
うちではいきなり書けと言われても書ける様な事実が無いと書けないので2年前から意識して行動するように促していました。
ですので、実際に書くときは出願理由の本線はブレずに書いていたと思います。校正等はしていないので内容は全然覚えてませんが。

倍率も気になりますね。私の勝手な予想では30年31年入学受験者が底になると思っています。
一期生が5年生になり、また上がるのではないかと思っています。

これから受験票が戻ってきて6年生の受験生たちもやっと緊張感でてくるでしょうね。
大事なのはここからです。初めての受験ですからどうしていいかわからないのは当然ですのでサポートしてあげられるのは親だけです。

これから塾等ではグループ活動に力入れてくると思います。
グループ活動のコツは
1、グループのリーダーになる(これはみんな狙っています)
2、客観的に全体を俯瞰的に見て的確に発言する(これポイント高いと思っています)
この2つって社会人になって評価されるポイントだと同じだと思うのです。
10の学習者像が全ての基礎となるのでここを評価しているはずです。
これを意識させるのも親次第だと思いますよ。

適性試験対策に関してはまぁ習うより慣れろでしょうね。
過度の期待をかけずに受験生のモチベーションを保つって難しいですよね。
食事中の会話であったり就寝前のコミュニケーションであったり敏感に感じてあげましょう。
あと、もし受験に失敗した時のこともいろいろと話しておきましょう。
うちではここがゴールではなくて単なる通過点だから的なことはいっぱい話しておきました。
思春期なのでいろいろと大変でした。
でも友達も一緒に頑張っていたのでそこは救いだったかなと思います。

今は小5の長男に対してもものすごく気を使っています。
もちろん本人は受験もかなり意識しています。
最近では「お父さんは開成受験がダメだったとしても大丈夫なんてどうして言うの?」とか言われます。
気を使ってフォローしているつもりなんですがね。。。

仲の良い友達も同じ塾に行きたいと言っているみたいなので楽しく勉強してくれればと思っています。

にほんブログ村 受験ブログへ